いつもの調子が狂う気がした

いつもの調子が狂う気がした

かなり破天荒というか、面白い女の子と楽しんできました。彼女は風俗の予定調和が通用しないというか、かなり大胆に攻めてくれました。それが良かったです。自分としても知らず知らずのうちに風俗に対してこんなものだろうって気持ちになっていたんです。でも彼女のおかげでそうじゃないんだよと。風俗はもっともっと自分の我儘というか、もっと理想を追い求めて良いんだよなって気持ちにさせられました。ちょっとしたことなのかもしれませんが、そのデリヘル嬢のUは攻めと思ったら急に休んだりとかなり自由。でもそういった自由な展開こそがある意味理想だったのかもしれません。だって何が起きるか分からないじゃないですか。そのドキドキこそ、元々風俗に求めていたものなんじゃないかなって思うったんです。いつしか風俗でも保守的というか、ありきたりなプレイに終始するようになってしまっていたんですけど、彼女のおかげで風俗とは何かを再び思い出しました。